ウェディングスタイル
Wedding Style

Episode. 01
お世話になった方々への感謝の想いを伝えるウェディング

北軽井沢で牧場を営まれるご新郎様のご実家。自然いっぱいのご新郎家へ嫁ぐ新婦様。ゲストとのふれあいを大事にするおふたりのテーマは、“アットホーム ウエディング”。
青空のもと、チャペルから登場したおふたりを、笑顔で迎えるゲストの方々。フラワーシャワーは、ゲストとの最大のふれあいのひとときでもあります。
パーティーではおふたりらしいおもてなしがいっぱい。ご実家の牧場の牛乳をふんだんに使ったオリジナルメニューは特に大好評。最後にご挨拶される新郎様の堂々としたお姿を見て、新婦親御様も安心されたのではと思います。
緑あふれるヴィラ・デ・マリアージュでご両家の親御様の想いをゲストの方々にも知っていただき、さらにおふたりの応援団の輪が広がり、また絆が深まる、そんな一日でした。

Episode. 02
おふたりらしさが表現できるオンリーワンウェディング

桜の時期に出会い、桜の時期にともに人生を歩むことを決めた新郎新婦様。
ウエディングをコーディネイトするスペシャリスト集団がおふたりの熱い想いに応えます。
厳かなチャペルでの挙式は光の演出が素晴らしく感動的でした。スペシャリストが話し合っておふたりと創りあげたパーティーは、ゲストからの歓声がとまりませんでした。まさに何十年先も、皆様の記憶に残るボンマリアージュです。
会場のコーディネイトも桜でいっぱい。プロフェッショナルがいるからこそ叶う、記憶に残る結婚式となりました。ゲストの方には、「桜の時期がくるとふたりの式を思い出す」と言われます。
式では、ふたりの想い出の場所を再現。桜が咲くには早い季節でしたが、フラワーアーティストは「桜を咲かせます」。フォトグラファーは「ふたりの宝物を創ります」と言ってくれました。まさに記憶に残る結婚式となりました。

Episode. 03
南仏を感じる非日常空間に包まれたウェディング

おふたりが訪れた想い出の場所……それは、南フランス。そんなふたりの大好きな“南フランス結婚式の街”で、絆と感謝のウエディングストーリーが始まりました。
黄色で統一された壁など、南フランスというテーマに沿って、演出・小物・装飾が決められていきます。会場もミモザ・ラベンダー・オリーブを使ってコーディネート!
ヨーロッパでは、新婦様のドレスをオーダーメイドで作る風習があります。新婦様は気に入った一着で特別な一日を過ごすのです。モダンプロヴァンス料理でもてなされたゲストも大満足の様子でした。
「結婚式に参列することにワクワクしてほしい」。準備から当日まで、そんなおもてなしの心にあふれていたおふたりは、今後、南フランスのオリーブのように寄り添った仲の良いご夫婦になられることでしょう。